白髪を隠そう

髪の毛を気にする女性

30代後半からちらほら出てくる白髪。目立つようになると、残念ながら清潔感がないように見えてしまったり、実年齢よりも老けて見えたりしてしまうのが現実のようです。 しかし、最近では白髪染めにもいろんな種類があり、白髪の状況や予算に応じて、手軽に染めることができます。 まず、まだそんなに白髪が多くない場合は白髪用ではない普通のヘアカラーで染めても対応できますし、ヘアカラーが苦手な方は、ヘアマニュキュアでその部分だけ染める方法もあります。 ある程度増えてきますと、白髪用ヘアカラーのほうがしっかり染まりますが、自宅で簡単にケアしたい方には、白髪染めのヘアカラートリートメントを使う方法もおすすめです。また、急な外出時など、一時的な白髪隠し用にスプレーなども便利です。

白髪染めは、現代だけのものだと思っていませんか。 実は、人類が紀元前から髪を染めていたのだそうです。もちろん、現在のような科学薬品はありませんでしたので身近な自然素材を使っていたようです。 日本では、戦国時代の武将が墨で髪を染めていたという記述が残されています。時代が進んで明治時代中期には、タンニン酸と鉄分を使って白髪染めが行われていました。この方法では、なんと10時間ほどかかる大仕事だったそうです。 20世紀に入ってからは、酸化染料式のヘアカラーが商品化、開発されましたが、それでも2、3時間はかかったようです。 現代では、手軽に、綺麗に染められる様々な選択肢があり、カラーバリエーションも豊富で、本当に便利になりました。